江西晶科光伏材料有限公司pmc

光伏路面材料

山东鹏程光伏材料有限公司 总经理

新疆升宏鑫光伏材料

①送電前に試験可 →  「時間にゆとり」
②簡単線路チェック →  「短絡事故防止」

この製品は日本電設工業株式会社殿との共同開発です。


目的

リニューアル工事の増加に伴い、安全且つ停電時間の短縮といった顧客要望を満たす停電切替えが求められている。そこで、小容量の1φ2W 105Vを電源とした3φ3W 210V出力のインバータ電源装置を開発し、限られた時間効率的に作業が進められる回路チェック試験を提案する。

特徴

①大きさ、重量は片手で持ち運べる280(W)×278(H)×195(D)mm、8.5kg
②小型インバータにより1φ2W 100Vの電源を3φ3W200Vに変換
③100Vのコンセントに対応
④ポータブル発電機(1φ2W 100V 500VA程度)に対応
⑤500KVA 500mA程度のトランス容量までに対応

概要

①負荷側分電盤の主幹MCBを開放することなく検相⇒高分子 光伏材料
②検相時、活線部にワニ口クリップを不用意に触れさせる短絡・地絡事故の防止⇒光伏需要用到什么材料
③工具等の置忘れによる復電時の短絡・地絡事故も未然に回避⇒光伏路面材料
④停電時間の短縮⇒分布式光伏申报材料

試験手順Procedure

試験の準備
仮設電源盤・発電機・コンセントを用意します。
LLチェッカーより
試験電圧印加
200Vの場合  変電設備の高圧側のDS二次側又は変圧器の高圧側から3φ3W200Vを印加
7~15Vの場合 変圧器の低圧側から3φ3W7~15Vを印加
電圧測定・検相
従前の相回転・電圧との比較チェック
総回路チェック
忘れた工具等を発見できます。

雑誌掲載Magazine

ページ上部へ